甲斐です。

 

ここ最近、1000円で購入できるYouTube教材

インフォトップランキングに上がってきており、

どうやら売れているようですので取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

YouTubeトレンド動画大事典(株式会社HTマーケティングス、吉谷卓郎)

URL:http://hiruzu-tutiya.s3.amazonaws.com/yt/info.html

斎藤拓

吉谷卓郎

株式会社HTマーケティングス

YouTubeトレンド動画大事典(株式会社HTマーケティングス、吉谷卓郎)レビュー

 

「YouTubeトレンド動画大事典」は

YouTubeアフィリエイトアカデミー?の斎藤拓さんという方が

YouTubeに参入してから開始一ヶ月で1万2千円を稼いだ方法をまとめたものです。

 

1000円という低価格で販売されているだけあってそれ以上でも、それ以下でもなく、

初心者がYouTubeを利用して「月収1万」を目指すための教材です。

 

巷でよくあるような月に十数万〜数十万円を狙えると謳っているような

ネットビジネスで高額収入の獲得を目的をしたノウハウではありません。

 

YouTubeの初心者向けマニュアル程度だと考えた方が間違いないと思います。

 

1000円払って10000円稼げれば万々歳ですが、

1000円の教材にそこまでの「高望み」はしない方がいいです。

 

YouTube動画でトレンドニュースを狙うノウハウ

 

そもそもこの類のトレンドを扱ったコピペ動画をアップするノウハウは

特に目新しい戦略でもなければ、未だに有効性が高いというわけでもないので、

何かしらのYouTube教材を購入したことがある人ならほぼ確実に知っています。

 

独学で実践している人なら知らないかもしれませんが、

YouTubeに独学で参入する人は比較的少数派でしょうし、

実際に独学だけで安定して稼げている人は一握りだと思います。

 

とりあえず、私の知る範囲では今までに一度も聞いたことがありません。

 

何らかのネットビジネスの経験者や、YouTubeの知識があればまだしも、

何も知らないレベルの初心者層が独学で稼げるようになるには

想像以上に膨大な時間と労力がかかってしまうので、

現実的にそこまでの時間の余裕が有る人は稀です。

 

特に副業などで取り組む場合は時間が限られてしまうので、

お金で時間と労力をいかに減らすかが重要になります。

 

そんなことは”当たり前のことすぎて正直言うまでもない”のですが、

普通に考えれば独学だと稼げる前に諦めて挫折する可能性が高いので、

限られた期間の中で本気で稼ごうと思っている人たちは

まず間違いなく何らかの教材をもとにして実践していると思います。

 

それは独学で学ばなくても教材を購入できるのであれば購入した方が

圧倒的に時間と労力の無駄を省けますし、効率的に成果が見込めるからです。

 

要するに、楽観的思考で無謀な人、もしくは教材代金が手元にない人以外、

YouTubeで稼いでいる人の大半が何かしらの教材で学んでいると考えられるので

トレンドを狙うノウハウは競合の大半が”すでに知っている方法”だということです。

 

YouTubeトレンド動画大事典はお試しでYouTubeに参入したい初心者向け教材

 

YouTube上で似たようなことを応用している競合は多数存在するわけですから、

セールスレターに書いてあるようなトレンドニュースを狙って動画を投稿すれば

誰でも月に1万円稼げるほど現実のYouTubeは甘くはありませんよ。

 

この「YouTubeトレンド動画大事典」が販売された約1年前だと

まだYouTubeの利用規約も緩く、ギリギリ通用した方法かな?とは思いますが、

1年前に通用したノウハウがすでに通用しなくなっているのがYouTubeの実情です。

 

今では一ヶ月単位で削除される動画の対象も増え、

有効だったノウハウは無効になり、質の低い動画は淘汰されるようになっています。

 

そうなると必然的に参入者同士狭い範囲で競合してしまうことになるので、

その辺りの今後のYouTubeの市場傾向も頭に入れておいた方がいいと思います。

 

まぁとりあえずノウハウが”通用する通用しない”は別として、

そういったトレンドの狙い方や、YouTube動画の簡単な作成方法、

作成した動画の投稿方法など、基本的なことを1000円で知ることができるので、

独学で一から勉強するなら1000円払って学んだ方が圧倒的に効率的だとは思います。

 

実際のところ1000円という情報商材も中々珍しいので、

書店に並んでいる一般書籍を買うのと変わらない感覚で

手軽に購入されている方が多いんだろうとは思いますが。

 

ただ、注意するべきなのは情報商材は一般書籍と違って、

フロント商材とバックエンドがあるという点です。

 

安くて手に入れやすい商品の後に、高額商品を売り込む手口ですね。

 

「YouTubeトレンド動画大事典」は1000円という教材価格ですが、

アフィリエイト報酬やASPへの手数料などを差し引くと

販売者側にはこの教材だけではまともな利益が見込めないので、

後から何かしらの売り込みが控えていると思って警戒した方がいいと思います。

 

基本的に安い教材にはバックエンドがセットで控えている可能性が高いので。

 

そういった売り込みを行うためのリスト獲得用の商品であることを念頭に入れて

バックエンドに問題がなければ、1000円で4時間の動画講座は普通に安いです。

 

全54動画なので一つの動画の平均再生時間は4~5分程度ですが、

とりあえず基本を押さえるには十分かと思います。

 

情報商材は高額な教材の方が優れている内容というわけではないので、

数万円する教材がゴミみたいな内容の場合が多々ある中で

1000円でビジネスの概要だけでも掴めるならマシです。苦笑

 

初心者がわざわざ自分で一から全てを検索して独学で勉強したり、

よく知らないのに規約に触れてチャンネル削除されて一ヶ月無駄になったり、

ろくにお金にならない無駄な時間や労力を1000円で省けると考えれば、

試しにYouTubeに参入してみたい初心者にはアリなんじゃないでしょうか。

 

勉強代として初心者用のテキストを買うようなものですね。

 

私はどちらかと言うと最初から本気で稼いでいきたいタイプなので、

もしも最初から本気でYouTubeで稼いでいきたいのであれば、

>YouTubeアフィリエイトなら「GigaTube(ギガチューブ)」

>YouTubeアドセンスなら「エビルユーチューバー」

上記のノウハウは非常に有効性が高いと思います。

 

まぁ個人的な見解なので合わせて参考にしてみてください。

 


>YouTubeトレンド動画大事典

 

それでは。

 

コンテンツ一覧へはこちらから