甲斐です。

 

ここ最近、最も稼ぎやすいネットビジネスの筆頭として、

よくYouTubeを利用した動画投稿ビジネスが挙げられます。

 

そんなYouTubeの動画作成を「最短3分」で行えるという、

YouTube動画を量産して稼ぐためのツールを発見しました。

 

早速セールスレターに目を通してみたところ、

色々と突っ込みどころが”満載”でしたので、

今回はそちらを取り上げていきたいと思います。

 

こちらの「Easy Movie Maker」というツールです。

 

YouTube動画簡単作成ツール「Easy Movie Maker」

URL:http://www.trend-up.net/emm/it/

Trend-up Works 五十嵐敦

YouTube動画簡単作成ツール「Easy Movie Maker」(Trend-up Works 五十嵐敦)レビュー

 

YouTube動画簡単作成ツール「Easy Movie Maker」は、

画像とテキストでYouTube動画を作成するツールです。

 

巷で有名なユーチューバーのように、

高価な機材や顔出しをする必要はありません。

 

そして、「最短3分で作る」というだけあって、

 

  1. 画像をツールへドラッグ&ドロップ
  2. 任意のテキストを入力
  3. 微調整して動画作成ボタンをクリック

 

上記の3ステップを踏むだけで、

静止画に音楽とテロップが流れるタイプの動画に仕上がるようです。

 

ツール販売者のTrend-up Works 五十嵐敦さん曰く、

現在のYouTubeは動画をアップするだけで収入が見込めるドル箱市場?らしく

機械任せな動画でも、量産することによってYouTubeで稼げるそうです。苦笑

 

ただ、これを繰り返すだけでYouTubeで稼げるかといえば、

さすがにそんなに甘くはないので「難しい」と私は思います。

 

YouTube動画簡単作成ツール「Easy Movie Maker」で稼げるのか?

 

まず、セールスレターに仕上がりイメージとURLが掲載されていますが、

そちらは「このツールを利用して作成された動画」ではありません。

 

あくまでこの類の動画でも再生回数が伸びる余地があるということを、

YouTube上の成功事例をいくつか「引用して示しているだけ」ですね。

 

ツールを使って稼げるという根拠にはなりません。

 

少なくとも、実際に”このツールを利用して作成された動画”の見本は、

1日で300回再生されたという動画「一つだけ」しか掲載されていないです。

 

それも短期的にしか再生回数が伸びないトレンドを狙った動画ですので、

「1日で300回再生されたこと」は当然と言えば当然の結果と言えます。

 

一応、最短3分で動画を作れることを売りにしているツールなので、

トレンドを狙って数を打てば当たることもあるはずですから。

 

ただ、それでも「3分で30円」です。

 

時給換算すれば、画像やリサーチなど一切抜きにして考えても、

「最大MAXで600円程度しか稼げない」ことになります。

 

まぁ現実的には準備の方に時間を要するので、

そんなにうまくいくことはまずないんですけどね。

 

もしもこれが「トレンドを狙った」でなければ話も変わりますが、

トレンドを狙わずに300回も再生回数が伸びることはないと思います。

 

証拠は後述しますが、せいぜい一桁〜二桁再生されればマシな方です。

 

「一日一回も再生されない動画」なんてザラですからね。

 

いずれにしも、「Easy Movie Maker」のセールスレターで、

例として挙げられている複数の数万〜数十万回再生されている動画ほど、

これからも再生回数が伸びていく根拠は示されていないというわけです。

 

また、そのツールを利用して出来上がる動画については、

セールスレター内に掲載されているURLを入力してみたところ、

現在はAmazonのCMが流れるだけで視聴はできなくなっているようです。

 

自ら削除したのか、YouTube側に削除されたのか、詳細は分かりませんが、

いずれにしてもこのツールを利用して「どんな動画が出来上がるか」は、

セールスレターを読んだだけでは”一切分からない”ということです。

 

それでもGoogleで検索すれば、

「Easy Movie Maker」を販売している五十嵐敦さんが運営している

YouTubeチャンネルは普通に見ることができます。

 

以下のチャンネルですね。

 

https://www.youtube.com/channel/UCCf6ofnc4MSAnpH4xuT6oog

 

上記のチャンネルには現時点で動画投稿数は4つしかありません。

 

ですが、その投稿期間は4つとも「一週間以内」と最近のものです。

 

そして、そのYouTube動画を見ると、

静止画とテキストで作成されていることが分かります。

 

おそらく、この状況証拠から推測すると、

「Easy Movie Maker」をテストするために、

実際に「ツールを利用して作成された動画」の可能性が高いです。

 

チャンネルアカウントもテスト用に作ったものだと思います。

 

ただ、ここで注目するべきは、

そこに投稿されている動画のクオリティ云々ではなく、

これまでの「総再生回数」です。

 

300回再生されているような動画は一つもありません。

 

最低で1回再生、最高で31回再生です。

 

4つの動画しか投稿していないとは言え、

これで「収入が見込める」とは到底思えません。

 

まぁチャンネルが育っていないことも原因の一つだと思いますが、

これが紛れもない「ツールによってもたらされる成果」です。

 

つまり、セールスレターに書いてあることは、

ただの”机上の空論に過ぎない”ということです。

 

よって、いくら早く簡単に動画を作れたとしても、

「ろくに稼げなければ意味はない」と思いますので、

こんなツールに「49,800円」も払う必要はないと思います。

 

ろくにWindowsのムービーメーカーや、MacのiMovieを使いこなせず、

思ったように動画を作成することができない情報弱者層を対象に、

YouTube動画作成用にシンプルな機能を揃えた、という感じですかね。

 

どう見ても、ムービーメーカーやiMovieの下位互換ツールなので、

実質的に「Easy Movie Maker」を使う優位性はほとんどないと思います。

 

それなら、多少手間でもYouTubeで「お金を稼ぐこと」ができるように、

真っ当な教材で学んで実力を身につける努力をした方がいいと思います。

 

とりあえずYouTubeの「王道戦略」で稼ぐのであれば、

「YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム」はオススメですので、

興味があれば以下のページから詳細に目を通してみてください。

 

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムの詳細はこちらから

 

まぁあくまで個人的な見解ですので、参考までに。

 

それでは。

 

無料メルマガ講座+無料プレゼントはこちら