甲斐です。

 

ビジネスの売り上げアップにつながる「動画の作り方」を

学ぶためのYouTube教材が”売れている”ようですね。

 

数ある「YouTube動画」を扱った教材の中でも

比較的「珍しい部類」に入るのではないかと思います。

 

簡単に言えばYouTube動画の「再生回数で稼ぐ」のではなく、

YouTube動画を「マーケティングに利用するノウハウ」です。

 

そのYouTube教材がこちらです。

 

スライド動画プログラム(滝沢雅世)

URL:http://mizu2c.com/taki-letter/

滝沢雅世

スライド動画プログラム(滝沢雅世)レビュー

 

「スライド動画プログラム」は

「スライド動画」を作成する方法の解説と、

YouTube動画をビジネスに利用する際に効果的な

「テクニック」をまとめた教材です。

 

先立つ動画の「集客先」となる

”他の媒体ありき”のノウハウなので

YouTubeに投稿した動画の再生回数で稼ぐ

「YouTubeアドセンス」のノウハウではありません。

 

どちらかと言えば、動画を利用した

「プロダクトローンチ」に近いノウハウです。

 

ただ、少し従来のノウハウと違うのが

一般的に知られている「プロダクトローンチ」のように

動画で「顔出し」や「名前出し」をすることなく、

スライド動画の「文章」と「音声」で動画の視聴者に

何らかのアクションを起こさせるノウハウだという点です。

 

つまり、他のビジネスの「マーケティング用」に

YouTube動画を応用するノウハウだということです。

 

一応、メインコンテンツとは別に用意されている特典の方で

「YouTubeアドセンス」に”応用できそうなコンテンツ”も

用意されていますが、動画の再生回数を伸ばして稼ぎたいのであれば

そこに特化した”YouTubeアドセンス教材で学んだ方がいい”と思います。

 

実際のところ、YouTube動画の再生回数で稼ぐノウハウと、

こういったマーケティングに動画を活用するノウハウは

似ているようで、根本的に全く”別物”なので。

 

天才でもない限り「スライド動画プログラム」に沿って

一から「初心者」が自作した「スライド動画」で

何万、何十万回もの再生回数を叩き出すなんてことは

現実的にはほぼ不可能だと思います。

 

なので、「スライド動画プログラム」はYouTubeアドセンス以外で

YouTube動画を使ったマーケティングの「集客先」となる

「何らかのメディア」や「キャッシュポイント」をすでに持っていて、

動画の作成方法などを知らない方向けの応用教材だと思います。

 

スライド動画プログラムのノウハウについて

 

仮に「スライド動画プログラム」を頼りにして

一生懸命初心者がYouTube上に動画を投稿したとしても、

まとまったお金になるほど再生回数は伸びないでしょうし

ある程度出来上がっている媒体がなければ”活かせない”と思います。

 

あくまで「スライド動画」は画像のスライドショー、コマ送りです。

 

実際にセールスレター内に掲載されている動画を見てもわかるように

「会社のプレゼン動画」と大差のないコンテンツですし、

説明ばかりの画像で構成されたスライドショーを楽しいと思ったり

赤の他人、しかも一般人が喋っている音声に興味がある人は稀です。

 

勿論、そのやり方次第では

様々なマーケティングに利用することはできると思います。

 

例えば、私のような「アフィリエイター」の場合は、

メルマガオプトイン用に配布する無料レポートや、

商品購入者に配布する特典教材などですね。

 

ただ、それは動画に面白さを求めていない

”「教材」という性質だから見れる”のであって、

ただ画像がスライドされていくだけの音声主体の動画は

人の視覚的に見て言うほど”楽しめる動画ではない”はずです。

 

YouTube上にアップしてある「動画」はテレビ番組や映画みたいなもので

テレビをつけた時に放送されている番組が「面白くない」と感じた瞬間

当然のように他局の番組にチャンネルを変えてしまうように、

YouTube動画も「面白くない」と感じれば問答無用で直帰されます。

 

また、NHKの「◯◯講座」という”将来的にタメになる番組”よりも

好きなタレントが出演しているバラエティや映画を好んで見るように

一般的にYouTube動画に求められているのは「娯楽性」であって、

わざわざ面白くない動画を率先して選ぶ人は少ないです。

 

つまり「教材」のように動画に対して最初から面白さを求めていないか、

何らかの「目的意識」がある場合を除けば「直帰」されるということです。

 

何度も見返したくなると思わせるような”何か”がなければ

YouTube上でこういった動画の再生回数はまず伸びません。

 

勿論、YouTubeを「情報収集」に利用している人や、

「スライドショーが大好き」という人も中にはいると思います。

 

ただ、それは一部の少数派です。

 

YouTubeを”日常的に利用しているユーザー”の大半は

純粋に「面白い動画」を見るために利用しているだけだからです。

 

余程「興味のある情報」、「今すぐ知りたい情報」でなければ、

興味のない話にダラダラ付き合ってくれる人が少ないのと同じように、

わざわざ貴重な時間を割いてまで他人が喋っている

画像のスライドショーを見るなんて都合のいいことは考えられません。

 

例え「どうしても知りたい情報」があったとしても、

その場合はYouTubeではなく、Google検索エンジンを使うでしょうし

その人に”あえて不毛な時間を過ごす理由”があるのなら話は別ですが

大抵の人は「面白い動画」を求めてYouTubeを利用しているだけです。

 

あからさまに動画を商用利用していると分かる場合、

その動画を視聴するのは同業者や、最初から興味を持っていたり、

何かのキッカケで動画を視聴するために訪問している一部の人のみで、

普通は「この動画は面白くなさそうだ。」と思われて直帰されます。

 

「面白くない動画は再生回数が伸びない。」

それが紛れもない今のリアルなYouTube市場の実情です。

 

また、企業の「プレゼン、PR系の動画」になってくると

そもそもの「キーワード」自体がニッチになればなるほど

検索に需要がなくなっていきますので、大手企業でもない限りは

検索上位表示は簡単でもそこまで高い集客効果は見込めません。

 

個人アフィリエイターが「自サイトの紹介、PR系の動画」を

作成する場合にも同様のことが言えます。

 

それこそもっと動画の視聴者に訴求、アピールできるような

動画の種類や選択肢は「画像のスライドショー」の他にも

沢山あるのではないかと思いますけどね。

 

そういった意味で「スライド動画」に限定して

こだわる理由や必要性が”特にない”と思います。

 

スライド動画プログラムで提唱している動画と文章の違い

 

「スライド動画プログラム」は

パワーポイントやOpenOffice.orgのImpressなど、

「プレゼン作成用ソフト」で「スライド動画」を作成します。

 

YouTube上に動画をアップするために

わざわざ自ら外に出て動画を撮影したり、

他の動画や音声を切り抜いたりする必要ないので

覚えることが少なく、その工程も非常に簡単なわけです。

 

強いてメリットを挙げるとするなら

そこが「スライド動画」の最大のメリットだと思います。

 

ただ、やはり多少時間がかかるとしても撮影した動画の方が

様々なシチュエーションにも使えて有用性は高いと思います。

 

例えば、私の知る限りでは「スライド動画」を

自社サイトのトップページに掲載している企業なんて

今まで見たことも聞いたこともありません。

 

仮に掲載されていても見る気がしませんが、

大抵そういう場合は「CM動画」だったりするものです。

 

つまり、それは「イメージを与える動画」として

「スライド動画」は適していないと判断されているわけです。

 

ある意味そういった事実が「スライド動画」の

疑問に対する何よりの答えになっていると思います。

 

特にそういったCM動画を撮影していない中小企業の場合でも

わざわざ「スライド動画」を使って会社の概要などを

自社サイトで説明するのはかえって非効率になるだけで

これといってメリットはないと思います。

 

なぜ非効率かと言うと、情報を与えるにせよ、収集するにせよ、

テキストと比べて動画は無駄な時間を要するだけだからです。

 

例えば、「スライド動画プログラム」のセールスレター内に

掲載されている滝沢雅世さんが作成した動画をテキストに起こすと

「約3500文字」になるのだそうです。

 

滝沢雅世さん曰く、この3500文字を文章で説明しても

”最後まで読んでもらえない”と言われていますが、

その3500文字の動画の視聴に要する時間は「11分16秒」です。

 

それに対して、3500文字の文章を読むだけであれば

普段から文章に触れている人であれば2〜3分程度、

読むペースが遅い人でも「5分」ほどあれば十分です。

 

つまり、「情報」を収集する、もしくは与える場合

お互いに動画コンテンツは無駄な時間を要するわけです。

 

「動画」や「テキスト」という情報を与える手段に関係なく、

11分16秒もの間、スライドショーと、音声を聞いてくれるなら、

おそらく、3500文字の文章も普通に読んでくれると思います。

(ちなみに、この記事は約6000文字。現時点で約3800文字です。)

 

結局のところ「読む、読まない」や、「見る、見ない」は

情報に対する「興味の度合い」で行動が左右されているだけです。

 

「興味のある情報」は何でも見ますし、

「興味のない情報」は何であれ見ません。

 

”新聞を好んで読むけど、ニュースが苦手”という人がいるように、

”ニュースは好んで見るけど、新聞は苦手”という人がいますので

”動画だから楽しんで視聴してもらえる”という主張は

はっきり言って「意味不明」なのではないかと思います。

 

いくら何でもそれは「動画を過信しすぎているだけ」だと思います。

 

いくら動画が流行っていようと、

退屈な動画は誰が見ても退屈ですからね。

 

11分16秒の間ひたすら動画を視聴するか、

3500文字の文章を自分のペースで読むか、

その辺りは個人の好き嫌いの判断だということです。

 

YouTube動画とコピーライティング

 

「スライド動画プログラム」に用意されている

30本以上の教材コンテンツの中で「スライド動画の作成方法」に

関するコンテンツは”1つだけ”で残りの大半は

「心理テクニック」に関するコンテンツになっています。

 

これは私の勝手な憶測に過ぎませんが

「スライド動画プログラム」販売者の滝沢雅世さんは

今でこそ「動画」を推奨されていますが

過去に「コピーライティング」を学んだ事があるそうなので、

人を動かす「心理テクニック」の元ネタは「コピーライティング」を

学ぶ過程から得たものなのではないかと思います。

 

なので、「スライド動画プログラム」は言ってしまえば

コピーライティングのスキルをスライド動画に置き換えて

使っているのと同じようなものだと思います。

 

つまり、ノウハウの手段は「動画」を推奨していながら、

そのノウハウの本質は「コピーライティングのスキル」にある

それが「スライド動画プログラム」だと言えます。

 

そういった意味では「動画」や「テキスト」など

手段が重要なのではなく人間の深層心理をきちんと

理解しているかどうか、が重要なのではないかと思います。

 

セールスレターの動画を見れば一目瞭然ですが、

結局は動画内に音声をテキストとして書き起こしていますし、

読み上げている音声にも当然ですが「台本」が必要になります。

 

人が反応する「台本」を書くためには”何が必要になるか”というと

結局は「コピーライティングのスキル」なわけです。

 

「スライド動画プログラム」は

YouTubeの有効な活用方法の一つではありますが、

セールスレターで言うような「動画」の流行り廃りは

特に関係がない教材だと思います。

 

よく言えばブログでも何でも、

どんなビジネスでも応用できるノウハウだと思いますが

悪く言えば、別にこの教材である必要はないと思います。

 

パワーポイントやOpenOffice.orgのImpressなど

何らかの「プレゼン作成用ソフト」が扱えるのであれば

ちょっとコピーライティングのスキルをかじれば

似たようなレベルの事はできるのではないかと思います。

 

一応こういった商品が売れていることを考えると、YouTubeに限らず、

「動画」に対する注目度が高まっていることがわかりますが、

少なくとも「スライド動画」ではYouTube本来の有用性と収益性を

最大限に引き上げて活かすことはできないと私は思います。

 

「スライド動画プログラム」の販売価格は

9,800円と決して高いというわけではありません。

 

もしもの場合には90日間の返金保証があります。

 

興味があれば試してみてもいいかもしれませんが

「YouTube」で動画の再生回数を伸ばしたり、

「YouTube」に投稿した動画の再生回数で稼ぎたいのであれば

私はエビルユーチューバーという教材がオススメです。

 

一応、私もYouTubeをアフィリエイトに利用したり、

YouTubeアドセンスにも試験的に取り組んだりしていますが

新規開設したチャンネルで1日平均3000〜4000再生くらいは

普通に伸ばしていくことができます。

 

つまり、今すぐ新しいチャンネルを作っても

そのチャンネルだけで月平均3~4万再生は見込めるので

それを月収に換算すると3000~4000円というわけです。

 

この数字だけを見ると小銭稼ぎのようなものに見えるかもしれませんが

そのままチャンネルを育てながら、チャンネル数を増やしていけば

それは結果的に塵も積もれば山となるように、まとまった収入になります。

 

単純な話、10チャンネルを運営すれば数ヶ月後には3~40万円です。

 

なので、言ってしまえば「YouTube」に特化しても

ある一定額は難なく稼げるわけです。

 

ただ、私の場合はそれ以外にも更にブログやメルマガに

YouTube動画を応用することもできます。

 

他のメディアにも活かすことで、倍々ゲームのように

YouTubeアドセンスの稼ぎにプラスαで収入が増えていきます。

 

まぁ結局何が言いたいのかと言うと、何かに縛られず

色々なYouTubeの活用方法を模索した方が

ビジネスとしてはいい成果を生むということです。

 

そういった意味で幅が広いYouTube教材なら

ギガチューブがオススメだと思います。

 

時間に余裕がない場合は何かに専念するのもアリですが

できれば色々な方法を試してみることをオススメします。

 

エビルユーチューバーの詳細はこちらから

 

ギガチューブの詳細はこちら

 

まぁあくまで私の個人的な見解に過ぎませんので、参考までに。

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから