甲斐です。

 

今からネットビジネスを始めようと考えている方や、

今までまともに稼げた経験がない方に”朗報”があります。

 

先日、私が頻繁に利用しているASPアドモールより、

”良い意味”でネットビジネス「初心者向け」の、

YouTube動画生成ツールが販売されました。

 

それも、YouTubeに動画を投稿して、

「お金を稼ぐ」という一点に特化した仕様です。

 

これから「YouTubeで稼いでみたい」と考えていた方はもちろん、

「YouTubeに興味はないけど、ネットで稼いでみたい」という方など、

YouTubeで「楽しむよりも、稼ぎたい」と考えている方は必見です。

 

こちらですね。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−

URL:http://ryuji.top

株式会社カルマ

鷹場禎

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−(株式会社カルマ、鷹場禎)レビュー

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

端的に言えば、YouTube用の動画を半自動的に生成し、

そのまま投稿を行うこともできるタイプの”一見よくある”ツールです。

 

まぁ正直、この手の自動生成ツールというのは

今回が初めての販売というわけではありませんし、

過去にも散々似たようなツールは出回っています。

 

おそらく、これまでにこの類のツールを使用された経験のある方は、

大方出来上がる動画のクオリティや、それで本当に反応が取れるかどうか、

ある程度の予想や検討はつくと思いますし、ウンザリされたかもしれません。

 

なので、従来と同様の「自動生成ツール」であれば、

「ツールなんかで稼げるわけがない。」と思ってしまうのが、

”ごくごく自然な反応”かと思います。

 

何故なら、少なくとも過去に販売された同様のツールを稼働して、

実際にセールスレターに書いてあるような月収数十万、数百万という、

アフィリエイト報酬を得られている人は殆ど”いない”のが実情だからです。

 

むしろ、購入前の「楽に稼げる期待感」とは裏腹に、

ツールの”教材代金すら”ろくに回収することができずに、

「騙された」と悔しい思いをしている人が大多数を占めていると思います。

 

ただ、そんな「ろくでもないツール」と、

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

似ているようで、全くの”別物”です。

 

実際、私も今までにYouTube関連だけに限らず、

沢山の「ツール」を使用してきた経験がありますが、

あくまでツールは「作業を効率化するため」の一つの手段であって、

現実的に「ツールの稼働のみで稼げることはない」と思っています。

 

結局ツールは「稼げるノウハウありきで意味を成すもの」だからです。

 

よって、これまでにレビューで取り上げてきた大半のツールを

単なる憶測だけではなく、実際に何度か使用してみた上で、

「必要ない」、「使えない」というスタンスで批評しています。

(もちろん、中には数少ない一部”例外”のツールもあります。)

 

むしろ、全てを投げ打って本腰を入れて使い続けたとしても、

到底「お金を稼ぐこと」に繋がるとは思えない代物がほとんどでした。

 

無駄な機能や性能面ばかりを重視して実用性がほとんど皆無に等しい、

”中身がないツール”ばかりが販売されていた、ということです。

 

その一方で、『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

極めて「合理的」で実用性の高い機能ばかりが揃えられている上に、

性質上、先立つノウハウがそこまで重要ではありません。

 

経験の有無を問わず、誰でも再現することができるツールです。

 

また、そこに「4つの特典ツール」、

手厚い「5つのマニュアル」、「サポート体制」と、

購入者任せにするのではなく「徹底した配慮」が加えられています。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−と従来の自動生成ツールの違い

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』と、

従来のツールを比較して最も大きな”違い”として感じたのは、

実際に人間が見たときの「観点」まで考えられている点です。

 

単純な話、YouTubeは投稿している動画が、

人の目から見て「面白いか、面白くないか」という、

その一点こそが何よりも重要なポイントであるわけですが、

従来の自動生成ツールではパッと見て「直帰」されるレベルの、

低いクオリティの退屈な動画しか生成されなかったのが実情でした。

 

つまり、今までのYouTube系の動画生成ツールは、

ただ「動画を生成できる」というだけで、

その「動画が再生される」というわけではなかった、ということです。

 

そんな機械的で面白くない動画生成ツールに対して、

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』の場合は、

「人がリアルタイムで見たい」と考えて検索している動画を、

実際にYouTubeで稼いでいる競合達に大きな遅れを取ることなく、

同等のクオリティとペースを維持して提供し続けることができます。

 

言わば「後出しジャンケン」のように、

すでにYouTubeで再生回数が伸びている動画を元にして、

再生回数を伸ばせる見込みのある類似したYouTube動画や、

将来的にも大きな伸びしろが見込めるYouTube動画を、

半自動的に生成して投稿することができる仕様になっています。

 

当然、投稿される動画には事前にペナルティ対策を施すことができますし、

著作権侵害で生じる問題は明確な線引きが記載されているマニュアルもあるので、

そこに書いてある内容に沿ってツールを利用する分には何の問題もありません。

 

つまり、リアルタイムで稼げる動画と稼いでいるチャンネルを、

ペナルティを食らわないようにパクりまくれるツール、ということです。

 

そのツールの仕様で生じる問題は無料でアップデートされるようになっていますので、

あなたは何も気にすることなく、”思う存分パクること”ができます。

 

少なくとも、今YouTubeの最前線で稼いでいる先発組は、

あらゆるリサーチ作業を”全て一人で取り組んでいた”わけですから、

それをほとんどツール任せに労力不要でより正確に行えるとあれば、

今からYouTubeアドセンスに参入する後発組からしてみれば、

”こみ上げる笑いが抑えられない”ツールだと思います。

 

その他にもYouTubeアドセンス未経験者や、ネットビジネス初心者が、

そのまま”マニュアル通り”に使っても実用的な、

”「お金を稼ぐための機能」が満載”なツールです。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−の有用性

 

と言うのも、今現在ネットビジネスで最も稼ぎやすいと言われるのは、

YouTubeに動画を投稿して再生回数で稼ぐ「YouTubeアドセンス」か、

多くの人が集まりやすい芸能ネタや時事ネタなどの旬の話題を狙う、

「トレンドアフィリエイト」に関するノウハウが代表的ですよね。

 

まぁ何を持って「稼ぎやすい」と判断するかは人それぞれ違いますが、

「YouTubeアドセンス」は「販売スキル不要」の市場であるのに対し、

「トレンドアフィリエイト」は「集客スキル不要」のノウハウです。

 

つまり、稼ぎやすいかどうかは”別”だとしても、

どちらも参入時の「ハードルが極めて低い」ことに違いはありません。

 

コピーライティングやマーケティングのスキルが必要な、

ブログやメールマガジンを利用したアフィリエイトと比べれば、

初心者目線で見た参入障壁や難易度は雲泥の差になるかと思います。

 

それぐらい「YouTubeアドセンス」と「トレンドアフィリエイト」は、

作業を始めるだけなら間違いなく「簡単なビジネス」です。

 

ところが、現実的な話としては、

取っつきやすいビジネス=稼ぎやすいビジネスではありません。

 

「YouTubeアドセンス」には視聴者を集めるための「集客スキル」や、

その視聴者が「面白い」と思えるような動画の作成が必要であり、

「トレンドアフィリエイト」は日々移り変わる「トレンドを追い続ける」という、

継続的に稼ぐためには「途中で止められない」奴隷のような作業が必要でした。

 

ただ、上記のビジネスは”相互補完的な性質”であるため、

「二つのメリットを組み合わせること」が可能になっています。

 

つまり、「YouTubeでトレンドの動画を投稿すること」によって、

参入障壁は極めて低いまま、より再現性は高められるわけですね。

 

これこそが、実質的にネットビジネス初心者が

「最も始めやすく稼ぎやすい手法」の一つだと言えます。

 

しかし、今までこういった「トレンド動画」を扱うツールはもちろん、

ノウハウに関しても「これだ!」と思うような教材は出回っておらず、

YouTube系の情報商材では「トレンド動画」はオマケ的な扱いでした。

 

つまり、大勢のアフィリエイターがYouTube初心者向けに、

「トレンド動画」をオススメしているのは見かけるものの、

誰も本腰を入れて「トレンド動画」の攻略に着手していなかったわけですね。

 

それは基本的にトレンド動画に”集客効果がない”というわけではなく、

トレンド動画を作成するために日々移り変わっていく話題を追いかけ続けて、

途中で止めることさえできない奴隷のようなリサーチ作業がキツいため、

あくまで「トレンド動画」は次への”踏み台的な一過性の手法”だったからです。

 

事実、今回こうして公に分かる形で、

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』が販売されるまで、

「トレンド動画」は完全にYouTubeの「盲点」になっていたと思います。

 

つまり、『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

”トレンドキーワードの「爆発的」な集客効果”に焦点を当てた

「情報業界初」のYouTube動画自動生成ツールだということです。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−のトレンド動画リサーチ&解析システム

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

「トレンド動画」を労力要らずで自動生成するツールとして、

抜け目ないロジックと機能を特典ツールと共に兼ね備えています。

 

それも、これぞ「YouTube初心者のためのツール」と言わんばかりに、

これから「YouTube」で稼いでいく予定なのであれば、

いずれにしても押さえておいた方がいい要素が詰め込まれています。

 

その「流時−RYUJI−本体」のシステムを大きく分けると以下の2つです。

 

  1. トレンド動画リサーチ&解析システム
  2. トレンド動画生成&投稿システム

 

上記が「流時−RYUJI−本体」の2大メインシステムになっています。

 

このシステムを簡潔に説明するならば、

短期間でより多くの収入を稼いでいるトレンド動画や、

現在進行形で再生回数が伸びているトレンド動画の詳細データを、

そのトレンドキーワードごと丸裸になるまで徹底的に調べ上げ、

その後、類似したオリジナル動画を生成して自動投稿する、というものです。

 

まるで、最初から勝つことが決まっている「後出しジャンケン」のように、

今現在確実に「再生回数が伸びているトレンド動画」を見つけ出し、

その説明文やタグ情報など詳細データを一目で分かる形に抽出して、

ほぼ同等のトレンド動画を約10分程度で生成して投稿することができます。

 

その具体的な一連の流れとしては、

まず、「トレンド動画リサーチ&解析システム」によって、

「流時−RYUJI−本体」を稼働させた時点から、

リアルタイムにトレンドキーワードが検出され、

ワンクリックで自動表示することができるようになっています。

 

そのトレンドキーワード検出元は、

以下の5つの主要検索エンジンです。

 

  • ヤフー
  • Goo
  • グーグル
  • はてなブックマーク
  • ツイッター

 

上記の検出元から常時抜き出されるキーワードこそが、

今現在の「検索需要が高いトレンドキーワード」になります。

 

続いて、そこから指定したトレンドキーワードで

実際にYouTubeに投稿されているトレンド動画を、

以下の4つの条件を指定して絞り込んでいきます。

 

  • 1日あたりの推定広告収入が多い順
  • 再生回数が多い順(累計収入が多い順)
  • 評価が高い順(グッド数が多い順)
  • YouTubeの検索結果順

 

>検索動画の検索条件の指定

image28

 

>動画検索の結果表示

image35

 

上記の条件指定で絞り込まれたトレンド動画は、

以下のように詳細データを一つ一つ解析できるようになっています。

 

image36

 

このようにして、「トレンド動画リサーチ&解析システム」で、

トレンド動画のリサーチと解析を同時に行っていくわけですが、

先立つトレンドキーワードから「サジェストキーワード」まで、

併せて一覧表示をすることができるので、

より細かく動画を絞り込むことができるようになっています。

 

image10

 

上記のように五十音、アルファベット、数字順、と、

一目で分かりやすい形でサジェストキーワードが表示されます。

 

メインのトレンドキーワードと同時に、

複合キーワードも併せて解析が行えるわけですね。

 

そうして絞り込まれたトレンド動画を元に、

続いて「トレンド動画生成&投稿システム」によって、

「類似したオリジナル動画」を投稿していきます。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−のトレンド動画生成&投稿システム

 

「トレンド動画生成&投稿システム」の主な機能は以下の2つです。

 

  • 絞り込んだトレンド動画、関連動画をそのまま取り込んでいく機能
  • 取り込んだ動画をもとに「フレーム動画」を作成していく機能

 

上記の機能で取り込んだトレンド動画は、

同時に「説明文」や「タグ情報」も抜き出すことができます。

 

元になっている「トレンド動画」と人気動画を関連付けている

「説明文」と「タグ情報」まで一気に抽出できることによって、

他の人気動画からの恩恵を受けることも可能だということです。

 

また、動画を作成する際には「フレーム動画」以外にも、

「フィルター」をかけて色彩を変更したり、

特に何もせずテキストだけ変更して投稿することも可能になっています。

 

それらの機能は全てペナルティ対策や、著作権違反対策ですね。

 

例えば、「フレーム動画」の場合だと、

以下の動画を取り組んだとします。

 

image91

 

上記の動画を取り込むことで、

以下のような”周りを囲ってある「フレーム動画」”を生成します。

 

image8

 

上記のように「フレーム」をつけることによって、

YouTube検索エンジンからのペナルティを回避することができます。

 

また、傍目からは分かりませんが、

取り組んだ動画と同じ情報を入力していくことができますので、

さすがにIDを同じにすることはできませんが、

実質的に「フレームがある」という以外は二つの動画に違いはありません。

 

人が時間をかけて作った動画と同等の動画を、

ものの10分足らずで作る、ということです。

 

そして、各作業に要する時間は大体以下のようになっています。

 

  • 動画のリサーチ:約5分
  • 動画の作成:約4分
  • 動画の投稿:約2分

 

上記の作業を慣れない状態で自力で取り組むとなると、

その「動画のクオリティ」によるところもありますが、

1本の動画を作成して投稿するのに30〜1時間は要すると思います。

 

それに対して「流時−RYUJI−本体」を利用すれば、

同じ1時間内に約6本近くの動画をサクサク投稿することができます。

 

再生回数が伸びるかどうかも分からない動画を1時間に1本投稿するのと、

再生回数が伸び得る集客効果の高いトレンド動画を1時間に6本投稿するのでは、

言うまでもなく、圧倒的に後者の方が効率がいいと思います。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−のチャンネルリサーチ&解析システム

 

また、「流時−RYUJI−本体」には2大メインシステムとは別に、

「チャンネルリサーチ&解析システム」も完備されています。

 

これは「トレンド動画」ではない”二次的な集客網”として、

「人気チャンネル」の詳細を丸裸になるまで徹底的に調べ上げ、

ゆくゆく、様々なジャンルのチャンネル運営を行えるシステムです。

 

そもそも、「トレンド動画」の大きな弱点として挙げられるのは、

移り変わるトレンドと共に「短期的な収入」にしかならない点なのですが、

この「チャンネルリサーチ&解析システム」を使うことによって、

「長期的に稼げるチャンネル」を運営することもできるということです。

 

つまり、延々トレンド動画の投稿作業を続けるだけではなく、

「継続的な収入源」を同時に構築していくこともできるわけです。

 

「チャンネルリサーチ&解析システム」のチャンネル検索条件は、

 

  • 1日あたりの推定広告収入が多いチャンネル順
  • 累計再生回数が多いチャンネル順
  • 投稿動画一つあたりの再生回数が多い順

 

という再生回数や広告収入を目安にした検索条件から、

 

  • 1日あたりのチャンネル登録者数が多い順
  • 累計チャンネル登録者数が多い順

 

というチャンネル登録者数を目安にした検索条件まで、

多面的にチャンネルをリサーチすることができるようになっています。

 

また、絞り込んだチャンネルからは、

以下の情報を全て抽出して解析することができます。

 

  • チャンネル名、チャンネル説明文
  • チャンネル公開日(公開からの経過日数)
  • チャンネル全体の再生回数(1日あたり・累計)
  • チャンネル全体の推定アドセンス報酬(1日あたり・累計)
  • チャンネル登録者数(1日あたり・累計)
  • チャンネルへ投稿している動画本数(1日あたりの再生回数)

 

image63

 

上記のように人気チャンネルを丸裸にすることによって、

そこから分析して、掘り下げて、落とし込んでいけば、

極めて効率的に「長期的に稼げるチャンネル」を運営することができます。

 

事実、こういった人気チャンネルのリサーチこそが、

YouTubeで大きな収入を得るためには欠かせない作業ですので、

それが半自動的に難なく行えるというのは最早「反則に近いシステム」です。

 

「リサーチこそが全て」と言われるYouTube市場で、

「リサーチの必要性を無くしている」わけですからね。笑

 

つまり、『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』では、

メインシステムの「トレンド動画」の投稿だけにとどまらず、

YouTubeで飛躍的に稼げるようなあらゆる配慮がされているということです。

 

なので、実質的に、

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

これまでのネットビジネス経験の一切有無を問わず、

万人が「利用価値」を見出せるYouTube動画生成ツールだと思います。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−でやるべき作業とは

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』の機能は、

以下の7つに分けられます。

 

  1. 主要サイトのトレンドキーワードをワンクリックで自動表示
  2. 指定キーワードのサジェストキーワードを一括表示
  3. 検索条件の指定検索でトレンド動画を順位表示
  4. 再生需要の高いトレンド動画を根こそぎデータ収集
  5. 収益性の高いトレンド動画を基にオリジナル動画を生成
  6. 説明文、タグ情報を一気に抜き出し投稿作業を簡略化
  7. 人気チャンネルの徹底リサーチと一括解析

 

上記の機能によって「類似したオリジナル動画の投稿」や、

「長期的に稼げるチャンネルの運営」を行うことができるのですが、

実質的にほとんどやらなければいけない作業は以下の「3つだけ」です。

 

  1. 必要に応じた条件指定
  2. 指定キーワードの選択
  3. 任意の動作ボタンのクリック

 

上記の僅か3工程を踏んでいくだけで、

ここまでに挙げた数々の動作を行うことができるわけですから、

毎日寝る間を惜しんでリサーチするのが馬鹿馬鹿しく感じてしまうほど、

劇的なまでに作業の効率化を図ることができる、

リサーチに特化したYouTube動画生成ツールだということです。

 

ただ、これらはあくまで「流時−RYUJI−本体」の機能です。

 

更に『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』購入者には、

ここに加えて「4つの特典ツール」を利用することができます。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−の4つの特典ツールについて

 

実は、私が今回注目したのは、

「流時−RYUJI−本体」の機能だけではなく、

「4つの特典ツール」があることによって、

収益を大幅に拡大することができる可能性を感じたからです。

 

「流時−RYUJI−本体」を最大活用するために重要なツールだと思います。

 

それが、以下の4つのツールです。

 

  • タイムライン解析ツールA
  • タイムライン解析ツールB
  • まとめ動画作成補助ツール
  • お勧め動画編集ツール+使い方マニュアル

 

上記の「特典」として付けられているツールの中で、

私が重要視しているのは2種類の「タイムライン解析ツール」なのですが、

一応、各機能を以下にザッと説明します。

 

タイムライン解析ツールA

 

タイムライン解析ツールAは、

「指定した動画の再生状況を時系列で解析できるツール」です。

 

解析できる情報は以下の4項目になっています。

 

  • 再生回数
  • 高評価
  • 低評価
  • コメント数

 

上記のすべての情報における1日1日の推移状況を解析できるので、

「1日でどの動画が多く再生されているのか」という分析が行えます。

 

つまり、タイムライン解析Aツールを使えば、

「ここ最近でどの動画がユーザーに支持されているのか」が分かるため、

どの動画に「利用価値」があるのか、一目瞭然で判断できるということです。

 

タイムライン解析ツールB

 

タイムライン解析ツールBは、

「指定したチャンネルを時系列で解析できるツール」です。

 

解析できる情報は以下の3項目になっています。

 

  • 再生回数
  • チャンネル登録者数
  • 投稿動画数

 

上記のすべての情報における1日1日の推移状況を確認できるので、

「チャンネル全体で1日どれくらい再生されたのか」という分析が行えます。

 

つまり、タイムライン解析ツールBを使えば、

「ここ最近でどのチャンネルがユーザーに支持されているのか」が分かるため、

どのチャンネルに「利用価値」があるのか、一目瞭然で判断できるということです。

 

「流時−RYUJI−本体」と、

2つの「タイムライン解析ツール」の機能を合わせることで、

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』利用者が

YouTubeから得られる恩恵は大きく変わっていくと思います。

 

まとめ動画作成補助ツール

 

まとめ動画作成補助ツールは、

主要まとめサイトである「NEVERまとめ」に投稿されている動画を対象に、

そのURLを一括取得してデータを保存することができます。

 

そして、その取得データを元にして、

「NEVERまとめ」の動画を一つの「まとめ動画」にすることができます。

 

私は「まとめサイト」を本格的に商用利用していないのですが、

普段から「まとめサイト」で稼いでいる方などは、

使い方次第で一石二鳥になり得るツールなんじゃないでしょうか。

 

お勧め動画編集ツール+使い方マニュアル

 

お勧め動画編集ツール+使い方マニュアルは、

動画のクオリティに拘りたい方のために用意されたものです。

 

「特化型チャンネル」を運営する際などに使えるツールですね。

 

上記の「4つの特典ツール」は、

各々が利用価値の高いものばかりですので、

メインの「トレンド動画」から次のステップへ進む際に重宝すると思います。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−の販売価格とは

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

「全5つのツール」を利用することができる「ライセンス取得型」の、

月額更新プランと、年間更新プランから選択する「WEBツール」です。

 

よって、専用サーバーのレンタルや、

面倒なツールの設置作業は一切必要ありません。

 

そして、メインのツールである「流時−RYUJI−本体」に加えて、

前述した「4つの特典ツール」と「5つのマニュアル」が付属します。

 

実際に配布されるのは以下の5つのマニュアルです。

 

  • YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−利用解説マニュアル
  • トレンド動画リサーチマニュアル〜効率的なリサーチ戦略〜
  • トレンド動画作成マニュアル〜再生される動画を作る為に〜
  • チャンネル対策マニュアル〜人気チャンネルの作り方〜
  • コンプライアンスマニュアル〜著作権侵害の白黒とその境界線〜

 

image34

image71

 

上記の「5つのマニュアル」は、

これだけでも「一つの教材」としてお金を取れる価値があると思えるほど、

非常に分かりやすく、しっかり作り込んでありますので、

初めてYouTubeアドセンスに取り組む方でも特に問題ないと思いますが、

それでも何か難しいことがあれば「無償サポート」も完備されています。

 

ライセンス有効期限内は何度でも利用できるので、

分からないことがあれば、その都度迅速に解決することができます。

 

つまり、「ライセンス料だけ」で、

”今すぐ”にでも稼いでいくことができるということです。

 

まぁここで一番気になるのは、

その「ライセンス料」だと思うのですが、

それが、、、驚くほど”安い”です。

 

なんと、月額更新プランが「1,980円」、

年間更新プランが「19,800円」です。

 

12ヶ月平均で換算すると、

年間更新プランの方がお得になっていますが、

いずれも少し贅沢な「昼飯代金1回分」程度のお金で、

1ヶ月間ツールを利用し放題ですからね、、、。笑

 

どう考えても「安すぎる」と思います。

 

むしろ、”安すぎて怪しい”と感じる人もいるんじゃないかと思うぐらい、

この類の自動生成ツールの相場とあまりに掛け離れた価格設定です。

 

月額更新プランの場合は初月のみ、

ライセンス発行料として別途1,980円かかってしまうのですが、

それでも、「異常なまでに安い」と思います。

 

事実、「5つのツール」と、「5つの教材」を、

「3,960円」で全て手に入れることができるなんて、

正直、今まで見たことも聞いたこともありませんし、

冗談抜きで、完全な「価格破壊」です。

 

その他のYouTube関連の数万円もする教材や、

数十万円もする高額塾に支払うお金の、

10分の1、もしくは100分の1の販売価格ですので、

これは同業者からすれば”たまったもんじゃない”と思いますね。

 

とは言え、結局は「稼げなければ意味がない」ので、

やはり冷静に「稼げるか否か」の判断が重要だと思います。

 

その点、『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』を使い倒して、

「3ヶ月後に教材代金が回収できない」と思うのであれば、

それは”購入する意味はない”のかもしれませんが、

「3ヶ月後に教材代金は回収できそう」だと思うのであれば、

一度試しにでも購入するだけの価値はあると思います。

 

実質的にそれだけで95%のアフィリエイターが越えられない

「月収5,000円以下の壁」は超えることができるわけですから。

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

これまでの経験の有無を問わず誰でも実践できますし、

費用対効果は十分過ぎるほど”高い”と思います。

 

私としてはYouTube初心者や、後発組だからこそ、

真価を発揮するツールだと思いますが、

例え誰が手に取ったとしても、

少なくとも「損」をするようなことはないと思います。

 

「YouTubeでお金を稼ぎたい」と考えているのであれば、

セールスレターの方にしっかり目を通した上で検討してみてください。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−購入者特典1

 

『YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−』は、

正直な話、今回はサポート体制も万全に整えられている上に、

5つのツールと、手厚いマニュアルが5つも用意されているので、

特典をどうするかは少々悩んだのですが、私がコンサル生に配布している

「3つのYouTubeマニュアル」にさせて頂きたいと思います。

 

ただ、内容が教材マニュアルと重複する箇所もあるので、

月額更新プラン、年間更新プラン、どちらを選ばれても、

「3つ全てのマニュアル」を特典として配布します。

 

YouTube関連の有料教材や高額塾などで、

実際に公開されている内容を私個人が端的にまとめたものですので、

マニュアルの内容は以下のような感じです。

 

  • 再生回数を稼げる動画の詳細
  • 再生回数を稼げるチャンネルの詳細
  • 再生回数を稼げるネタの詳細
  • 再生回数を稼げるキーワードの詳細
  • 再生回数を稼げるカスタマイズの詳細
  • チャンネル運営時の意識すべきポイント
  • 再生回数を伸ばせるファーストビュー
  • 効率的に再生回数を稼ぐための投稿手順
  • 再生回数を稼ぐまでの動画アップ数、投稿ペース、、、etc

 

このマニュアルを読めば他のYouTube関連の有料教材や、

高額塾などのコンテンツ内容などがおおまかに掴めると思います。

 

ただ他にも初心者向けの内容なども色々と含まれていますので、

”主な内容”が「大体こんな感じ」だと思って頂ければと思います。

 

マニュアルは3つに分かれていますが、

一つ一つのボリュームがそこまで多いわけではないので

「消化しきれない」ということはないと思います。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−購入者特典2

 

こちらは「年間更新プランご購入の方」に、

と思って作成したのですが、急遽やめました。笑

 

実はこの特典マニュアルを作成しながら、

今のYouTube市場の現状などを踏まえると、

ネットビジネス初心者やお試しでYouTubeに参入するような方など、

”今から伸びていく方”にこそ手に取ってほしい内容だと強く感じました。

 

と言うのも、ご存知かとは思いますが、

今のYouTube市場の実情は非常に「シビア」であり、

日々めまぐるしくアルゴリズムが変化しています。

 

いつを境にして、規約が厳しくなるかは、

Google社のさじ加減一つといったところで予測が付かないのが実情です。

 

事実、今まで問題なかったノウハウが突然問題になることも多く、

アドセンス報酬発生直前にしてチャンネルを無効にされたりする事案も

「YouTube系の情報発信者が極めて少ない」という現状から、

話題として中々出てこないだけであって、決して少なくありませんので。

(ビジネス上、”あえて”悪い側面は取り上げない、ということもありますが。)

 

また、度重なる違反を続けた場合は、

個人のアドセンスアカウント及び、PCから紐付けされている、

YouTubeアカウントが片っ端から収益化できなくなるような、

YouTubeで稼いでいる人にとって笑えない事案も報告されています。

 

もしもそうなってしまった場合は、

今後YouTubeで稼ぐことは極めて難しいと考えてもいいでしょう。

 

実際このケースは特に動画を自作せず「ノウハウ」で稼いでいるような、

匿名YouTuberであれば誰にでもあり得るものなので、

今からYouTubeで稼ぎ続けるためには注意が必要です。

 

もしも、一定の金額を稼げるようになったとしても、

突如稼げなくなるという懸念と、紛れもない事実があるわけですから、

なるべく早い段階で次のステップへ進むことが望ましいわけです。

 

つまり、”早期の段階で収入の柱を増やした方がいい”ということです。

 

そして、この「流時−RYUJI−」は、

それが「可能」な仕様のツールになっています。

 

メインのマニュアルは質量ともに素晴らしい内容ですし、

「トレンド動画」のみで稼ぐのであれば必要ありませんが、

現実的に将来的なことなども視野に入れた上で、

「確かな収入源」と「二次的な集客網」を構築したいとお考えであれば、

大なり小なり役立てることのできるノウハウです。

 

よって、「年間更新プラン」で提供しようと考えていましたが、

ノウハウの難易度を下げて月額更新プランのお試し用に作成し直しました。

 

「流時−RYUJI−」と「トレンド動画」を一つのキッカケにして、

いち早く、次のステップを目指してみてください。

 

そんな「流時−RYUJI−本体」と、

2種類の「タイムライン解析ツール」を併せた、

利益を拡大させていくマニュアル教材を追加特典とさせて頂きます。

 

以上、甲斐陸斗からの購入者特典とさせて頂きます。

 

是非、メインコンテンツと併せてお役立て頂ければと思います。

 

では、一度まとめますね。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−で得られるもの一覧

 

  1. 「流時−RYUJI−」メインツール
  2. タイムライン解析ツールA
  3. タイムライン解析ツールB
  4. まとめ動画作成補助ツール
  5. お勧め動画編集ツール+使い方マニュアル
  6. YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−利用解説マニュアル
  7. トレンド動画リサーチマニュアル〜効率的なリサーチ戦略〜
  8. トレンド動画作成マニュアル〜再生される動画を作る為に〜
  9. チャンネル対策マニュアル〜人気チャンネルの作り方〜
  10. コンプライアンスマニュアル〜著作権侵害の白黒とその境界線〜
  11. YouTubeマニュアル(月額更新プラン、年間更新プラン)
  12. 「流時−RYUJI−」応用マニュアル(月額更新プラン、年間更新プラン)

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−を利用することで、

上記全てを「月額1,980円」で手に入れることができます。(教材返品不要)

 

今からYouTubeを活用しようとされているのであれば、

いずれにしても「トレンド動画」は欠かせないと思いますので、

一度お試し感覚で下記のセールスレターの方を読んでみてください。

 

YouTube Trend−Movie Maker「流時」−RYUJI−

 

それでは。

 

ブログコンテンンツ一覧はこちらから