甲斐です。

 

私の人生には3つの大きなターニングポイントがあります。

 

そのターニングポイントを経ることによって、

アフィリエイトで稼げるようになりました。

 

それこそ、私は今でこそ”アフィエイター”として、

それだけでも生計を立てられるようになりましたが、

元々ネットビジネスとは全く無縁の”地方在住サラリーマン”でした。

 

その当時に勤めていた職場は”創業が戦前から”と、

今時めずらしいぐらい息の長い会社で、

私の地元では”最大手企業”と呼ばれていました。

 

ただ、”最大手”といっても名ばかりで、

実際には平均月収も自慢できるほど稼いでいた訳ではありません。

 

生活も極めて質素でした。

 

ハッキリ言って、理想と現実は全く違いましたね。

 

会社から与えられた仕事をしていても、

何か特別”他と違う”とか、秀でた能力があるわけでもありません。

 

むしろ、”真逆”といってもいいかもしれません。

冴えない人間です。

 

会社内で”優秀”だと評価されている同年代のエリート達を、

表向きは全く”気にしていないフリ”をしながら、

内心では妬んでいたりもしました。笑

 

そんな特に取り柄も無い、

本当に絵に描いたような普通の”冴えない”サラリーマンだったのです。

 

無味無臭の退屈なだけの味気ない毎日に若干嫌気も指しつつ、

「まあ、人生なんてこんなものか」と一時は諦めてしまっていました。

 

元冴えないサラリーマンアフィリエイターは学生時代は冴えていた

 

私の両親は若くして結婚しており、

更には兄弟も多い家庭だったため、

決して裕福な暮らしの中で育ったわけではありません。

 

どちらかと言えば、当時の我が家は

”お金がない家庭”の部類だったと思います。

 

それでも両親は親としての責任からなのでしょう、

自分たちの時間を全て犠牲にして兄弟全員それぞれを

きちんと大学、専門学校まで通わせてくれました。

 

その事に関しては今でも心から感謝しており、

私が当時勤めていた会社への内定が決まった時、

いつもの”しかめっ面”からは想像がつかないような、

一際嬉しそうにお酒を飲む父の顔と、

家族皆揃って祝ってくれた日の事は今でも忘れられません。

 

「一生懸命会社で働いて、絶対にいつか両親へ恩返しをしよう・・・!」

 

当時の私は入社時にそう強く誓った事を覚えています。

 

しかし、まぁ現実は厳しいもので、

そう簡単に上手くいくはずはありませんでした。

 

私は自身でハッキリと”ビジョンを描けていたはず”なのにも関わらず、

どこかで知らず知らず道を踏み外したのでしょうか、

成功への最短最速ルートを歩むことができなかったのです。

 

元々小さい頃からスポーツ、勉強と苦手なものはありませんでした。

 

何をやっても自然と上手くいってしまうタイプで、

やろうと思えば本当に”何でもできる”とさえ思っていました。

 

「・・・もしかすると天才かもしれない・・・。」

 

そんな勘違いをこじらせて痛い奴だった事は間違いありませんが、

テストなども特に頑張る必要性を感じる事はなく、

あたかも当然のように毎回成績上位が当たり前。

 

「やろうと思えば、できない事はない」

 

という高慢な思いは消える事なく、

むしろ年を重ねるにつれて、次第にその思いは強くなっていくばかりでした。

 

日増しに強くなっていくなんとも言えない

”漠然とした自信”を持ったまま、私は社会人を迎えました。

 

社会人で初めて”やろうと思ってもうまくできない事”があると知りました

 

いざ、新社会人となり、

今まで以上に”全力で頑張ろう”という気持ちと、

両親への”感謝の気持ち”も相まって、

私の初々しい社会人生活は順調にスタートしました。

 

「・・・絶対に誰より早く出世して稼いでやる!」

 

そんな決意を胸に、本当にそこからは毎日が一生懸命でした。

 

朝は始発の電車に駆け込み、職場の誰よりも早くに出社し、

上司や先輩たちが出社してくるまでには先輩たちの分も準備を済ませ、

前日学んだ事を復習する。

 

夜は誰よりも遅くまで会社に残り、

その日学んだ事を復習して終電へ駆け込み帰宅。

 

休みの日は起きた時にはすでに夕方でサザエさんが始まっており、

ついうっかり丸一日寝て過ごすという事も多かったです。

 

今その頃の自分を振り返ってみると、

”よくあんな異常な生活ができたな”と思います。

 

当時の平均睡眠時間は3〜4時間ほどだったと思います。

 

決して”楽な生活”とは言えませんでしたが、

それでも毎日”何かを学び”直属の上司や周囲から期待されている事への

ある種の優越感や、充実感などもあり、それなりに有意義な毎日でした。

 

しかし、入社してから半年ほどたったある日、

突然上司に呼び出された私は驚愕の真実を知ります。

 

「お前仕事やる気あるのか!?自分の成績を見てみろ!!」

 

その明らかに冗談ではない剣幕にも関わらず、

「一体何を見ろって言うんだよ」と冷静な思いのまま、

上司の視線の先にある社内の成績データ表に目を移しました。

 

・・・え?

 

・・・一瞬そこに表示されているデータの意味が理解できず、

自分の目を疑った私は、もう一度冷静になり事実を確認しました・・・。

 

その時になって、私は初めて

”自分の成績が社内でずっと最下位だった”という事実を知りました。

 

まさか、上からではなく”下から1番の成績”だとは、

思いもしていなかったので、流れ出る脂汗が止まらなかった事を覚えています。

 

「・・・あんなに毎日毎日朝から晩まで、誰よりも勉強したのに一体なぜ?」

 

毎朝始発の電車に駆け込み、

誰よりも早くに職場へ出勤して自主的に行っていた前日の復習も、

毎晩遅くまで会社で残業し、終電にギリギリ間に合わず、

タクシーの運転手に愚痴をこぼしながら帰っていた日々も、

何一つとして成果として実ることはありませんでした。

 

私はこの時になって、初めて自分の人生で

”思い通りにいかない事がある”という現実を目の前に叩きつけられました。

 

会社内での”落ちこぼれ”の烙印を強く押されたように思いました。

 

上司や同僚などからも入社当初”勉強熱心な奴がいる”と思われていただけで、

それは期待ではなく、あくまで応援していただけであって、

私が勝手に”周りから期待されている”と思い上がっていただけでした。

 

「結果が全て」

 

これはその当時の直属の上司によく言われた言葉ですが、

まさに”その通り”だと痛感しました。

 

どれだけ一生懸命やっていようが、

どれだけ睡眠時間を削っていようが、

どれだけ勉強量が多かろうが、

「結果が付いてきていなければ意味がない」という事を思い知らされました。

 

悔しさ、恥ずかしさ、悲しさ、色々な感謝に瞬く間に押し潰され、

すぐに立ち直れなかった私はそこから影を潜めていくようになってしまいました。

 

後から入社してきた多くの後輩社員たちが、

私の事など最初から”眼中にないかのように”グングンと成績を伸ばしていき、

「もういつクビになってもおかしくないな」とさえ感じました。

 

”頑張りたいのに頑張れない”という、

頭ではやらなければいけない事を理解しているにも関わらず、

肝心の体が言う事を聞いてくれない・・・そんな甘えとジレンマが邪魔をして、

どうしても自分を変える事が出来なかったのです。

 

ネットビジネスとの出会い

 

しかし、私は現実的には何があっても会社を辞めるわけにはいきませんでした。

 

私はその時すでに結婚をしており、妻と子供を授かっていたからです。

 

振り返ると、この時が”人生の1度目のターニングポイント”でした。

 

やはり子供を授かって親になるという自覚をすると

「お金を何としてでも稼がないといけない」と強く思うようになるものです。

 

しかし、ただ”強く思うだけ”で簡単に業績が上がるほど、

そう世の中甘くはありません。

 

目の前には”変わらない現実”が立ち塞がっているだけです。

 

「一体どうすればいいのか・・・?」

 

悩んでも悩んでも、そんな時に限って都合よく答えが出る事はありません。

 

本当に崖っぷちに立たされた時に出会ったのが”ネットビジネス”です。

 

キッカケは私の実家で親族が集まっていた時に兄弟が話していた

「今はブログで月5万円は稼げる時代だ」という一言でした。

 

「・・・え?ブログ?・・・月5万円!?どういう事!?」

 

その時の私は相当すごい形相をしていたと思います。

藁をも掴むような気持ちで食い下がりました。

 

人生で初めてネットビジネスを”ハッキリと自覚”したのがその時です。

 

まずは”副業”としてネットビジネスの参入を決意するものの・・・

 

元々は何かを調べたり、勉強したりする事は

好んで自ら取り組むタイプの人間なので、

アフィリエイト、オークション、せどり、転売、YouTube、

ありとあらゆる稼ぎ方を片っぱしから調べていきました。

 

可能性があるものはシラミ潰しに試しました。

 

私は自分の事をアナログ人間だと思ったことはありませんでしたが、

ネットを使ったお金の稼ぎ方が世の中にあるとは全く知らず、

調べれば調べるだけ本当に驚きの連続ばかりでした。

 

「・・・これで本当にお金を稼げるかもしれない!」

 

私が当時手を出したネットビジネスは、

まだ本格的に”何に参入するか”が決まっておらず、

完全に手探り状態だったという事もあり、ツイッター、YouTube、物販、

と様々なジャンルに手当たり次第に取り組んでみました。

 

その手探り状態の中で見つけたのが、

今現在も行っているブログとメールマガジンを使って情報発信を行う

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という手法です。

 

「・・・これしかない!!」と直感で思いました。

 

妻にも「絶対に稼いで楽をさせてやるぞ!」と意気込み、

まさにそういった大きな希望を持ってDRMを駆使した

情報商材アフィリエイトに参入を決意したのです。

 

参入してから”最初の一ヶ月目”は必要な知識をしっかり補充しながら、

アフィリエイトで大きく稼ぐためのメディアの構築などの準備や、

マーケティングの基礎を学ぶことに重点をおいていました。

 

何かを学んで知識が増えるたびに、

「これで大金を稼げそうな気がする・・・お金持ちになれたら何する?」

と毎日私はウキウキで妻に話しをしていました。

 

まぁ、一ヶ月目は準備や構築期間だったので、

思っていた通りアフィリエイト報酬は一切ありませんでした。

 

一ヶ月かけてやっと準備が整ったので、

二ヶ月目には補充した知識を元にひたすら実践を繰り返してみました。

 

自分が「稼げる」と思った方法で取り組んでみて、

反応が悪ければ改善、もう一度試す・・・と寝る間を惜しんで、

ただひたすら愚直に繰り返しました。

 

この時も相変わらず、

「もしも億万長者になったら海外でゆっくり生活するのもいいね・・・」

と妻と呑気に楽しく話していた私は、

本当にアフィリエイトというビジネスを”甘く見ていた”と思います。

 

そんな甘いマインドだったせいもあり、

寝る間を惜しんでひたすら繰り返したにも関わらず、

その結果は二ヶ月連続で0円。

 

私のブログやメールマガジンからは、

何一つとして商品は売れていませんでした。

 

全てをかけたアフィリエイト参入から三ヶ月目

 

さすがに二ヶ月連続で何一つ売れないのはショックが大きかったです。

 

しかし、一般的に「アフィリエイトは三ヶ月は結果が出ない」とも

聞いていたので、三ヶ月目に私は全身全霊持てるだけのもの全てをかけました。

 

妻にも「これで絶対に稼いで楽にさせてやるぞ!」と約束した以上、

その約束を守る為にも、何としてでも”結果を出したい”と思い、

三ヶ月目は寝る間も、わずかな移動時間でさえも、

何もかも全ての時間と労力を勉強と実践に注ぎこんだのです。

 

狂ったかのようにパソコンの前から動こうとしない私を見て、

妻も心配になったのか、何度もアフィリエイトを休憩するか、

もう無理せず辞めるように、と催促してきていましたが、

私は何があっても辞めるわけにはいきませんでした。

 

社会人になって、落ちこぼれていた私を、

常に影で支えて続けてくれていた妻に期待させるだけ期待させて、

その期待を裏切るわけにはいきませんでした。

 

「絶対に何があっても稼ぐ!」

 

そう決意して挑んだアフィリエイト三ヶ月目の報酬額。

 

 

 

 

・・・必死の思いは届かず、結果は虚しく0円でした。

 

 

その報酬画面を見た時に感じた絶望感を私は今でも忘れられません。

 

「やれることは全てやったはずなのに・・・。」

 

それでも結果は変わることなく0円という数字。

 

体の奥底から湧き出る不安と震えが止まりませんでした。

 

「アフィリエイターの95%は月に5000円も稼げていない?」

 

「さすがにそれぐらいは稼げると思う。」

 

つい三ヶ月前までの私自身の言葉です。

 

まさか自分がその95%に該当するとは思ってもみませんでした。

 

なんて甘い考えだったんだろうか、

何を根拠に稼げると思ったのであろうか、

少し知識を得ただけで稼げる気になっていた

自分のあまりの無知さ、愚かさ、馬鹿さ加減に愕然としました。

 

そんな”もう万策尽きたかもしれない・・・”と、

一瞬諦めかけた時に出会ったのがメンターです。

 

そして、ネットビジネスの最重要スキルである

「コピーライティング」を学び始めました。

 

一冊のコピーライティング教材と、一人のコピーライターとの出会い

 

「コピーライティング」とは、

テキスト主体であるネットビジネスにおいての「販売力」に直結する

「文章力」を高めるスキルであり、”稼ぐべくして稼ぐため”に最も重要なスキルです。

 

アフィリエイト参入から三ヶ月経っても1円も稼げずに挫折しかけていた時、

偶然一冊のコピーライティング教材「The Million Writing」を手に取りました。

 

この時が”2度目のターニングポイント”です。

 

「年収5億円」をコピーライティングのスキルのみで稼いだ人物と、

そのコピーライティングのスキルの原理原則を全て公開しているという、

嘘か本当か分からないようなセールスレターにはこう書いてあります。

 

  • 何故、ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった”その男”がたった1年で5億円以上の利益を稼ぎ出せてしまったのか。
  • 何故”その男”は誰に知られる事も無くひっそりと業界トップレベルの収入を稼ぎ続ける事が出来たのか。
  • 何故、その他大勢の自称トップ起業家が年収数千万円程度の収入で満足している裏で”その男”はその何十倍もの収入を人知れず稼ぐ事ができていたのか。
  • 何故”その男”のクライアントはネットビジネスのネの字もわからない状況から次々と数百万円単位の収入を稼ぎ出していったのか
  • 何故”その男”が作り上げたサイトは数年に渡って爆発的な売上を叩き出し続ける事が出来ているのか。

 

冒頭文を読み、直感的に

「自分の知りたい事は全てこの中に入っている」と感じ、

セールスレターを読み終えた後すぐにミリオンライティングを購入し、

コピーライティングを通して、ビジネスの本質と真髄を徹底的に学びました。

 

  • なぜ、自分が毎日ブログを書いても人が集まらなかったのか。
  • なぜ、自分が発信するメルマガに人が集まらないのか。
  • なぜ、自分が紹介する商品から物が売れていかないのか
  • なぜ、自分の中でさえ稼げる手応えを掴めなかったのか
  • なぜ、自分の力でお金を稼ぐべくして稼げないのか

 

私が知りたかった事の答えがそこには全て書いてありました。

 

自分で稼ぐべくして稼ぐためのスキルを、

私は”全く”と言っていいほど身につけていなかった事に気付いたわけです。

 

それでは当然、商品が売れるはずがありませんでした。

 

この時の気づきは、実はネットビジネスに限らず、

勤めていた会社で私が結果を出せなかった理由でもありました。

 

無駄な小手先の知識や情報ばかりに頼り、

一番大切なビジネスの本質やスキルを学んでいなかったので、

それでは結果が出るはずもなかったという事です。

 

  • なぜ、私の勧める商品に興味や関心を持ってもらえなかったのか
  • なぜ、私の話では安心や信頼してもらえなかったのか
  • なぜ、私からは商品を買ってもらえなかったのか

 

これらの疑問が解決した時から、私の人生が大きく変わりました。

 

そして、そのミリオンライティングのセールスレターを読んでいる中で、

私が最も注目していたのは、以下の文です。

 

「”その男”のクライアントはネットビジネスの”ネ”の字もわからない状況から

次々と数百万円単位の収入を稼ぎ出していったのか。」

 

私がこの時真っ先に考えたのは、

「自分もこのレターにあるように”この男”からネットビジネスを学べば、

それこそ最も早く成果が出せるのではないか?」という事です。

 

この時が、私の人生3度目の最も大きなターニングポイントです。

 

そこで、今のメンターに直にコンサルを受ける事を決意して、

コンサル依頼をお願いしました。

(メンターについては別の機会に詳しく記事にしようと思います。)

 

その後、正式にメンターと契約を交わし、

マンツーマンでコンサルを受け、指示通りに全て行った結果、

初めて私が稼げた商品のアフィリエイト報酬は僅か880円でした。

 

いつも表示されていた0円の文字が880円に変わっており、

それを見た瞬間言葉に表せないほどの感情が一気に押し寄せ、

一瞬にして込み上げてくる感情で胸がいっぱいになりました。

 

その後の報酬はメンターのお陰で急速な右肩上がりで伸び続けましたが、

私はこの880円のアフィリエイト報酬が初めて画面に表示されていた時の事を

”今でも”鮮明に覚えており、忘れられません。

 

どんなに高い金額の報酬よりも、

私にとって”間違いなく価値のある880円”だったからです。

 

ただ、あれだけ「稼げる!」と豪語しておきながらも

結局三ヶ月間も無報酬が続いたため、妻には初めてのアフィリエイト報酬は

中々報告できませんでした。

 

なんせ「億万長者になったら・・・」と言ってたにも関わらず、

稼いだ金額は僅か880円ですからね。笑

 

まあ、そうは言っても報告しないわけにもいかず、

報酬を確認したその日の夕飯のタイミングに合わせて、

「今日初めて報酬が1000円だけ稼げてた・・・。」

初めて人に買ってもらえたよ・・・。」とボソボソッと伝えました。

(少し金額はサバを読みました)

 

すると妻は、相当驚いたのか、目をまん丸くしてパチクリした後、

まるで自分の事のように涙を流しながら、

「・・・よかったね。よかったね。パパお金かせげたんだって!」

と何度も子供に報告しながら喜んでくれたので、

私もついうっかり目から熱いものが込み上げてきてしまいました。笑

 

ただ、稼げたと言っても本来のスタート地点に立っただけの話でしかなく、

さすがに最初の880円で泣くのは恥ずかしかったのでグッと堪えましたが、

本当に初めてのアフィリエイト報酬は嬉しかったです。

 

たったの880円ですが、実際に少しでも稼げるのと、

全く稼げない0円とでは大きくモチベーションが違うと私は思います。

 

そして、あの時の880円が今も変わらず、私の大きな励みとなっています。

 

”初心忘れるべからず”ではないですが、

稼げていなかった時の本当に辛かった事と、

初めて報酬が入っていた時の気持ちは忘れずに、

アフィリエイターとして、これからも”本当に価値がある情報”のみを

誠意を持って発信していこうと思っています。

 

私には稼げない事の辛さ、絶望感、挫折、

色々な気持ちが痛いほどよくわかります。

 

初めて自分の力で稼げた時の言葉にできないほどの大きな喜びも分かります。

 

そして私はお金を稼ぐことで自分の家族、両親、親戚、友人にも

これまで借りてきた恩を返せるようになりました。

 

それは紛れもなく、

ミリオンライティングという一冊のコピーライティング教材と、

メンターの指導のおかげです。

 

当時の自分と同じような環境、心境の人がいるのであれば、

どうやって手を差し伸べる事がベストなのだろうか?

そう考えながら私は日々情報を発信しています。

 

もしかすると、あなたの目の前にも

”変わらない現実”が立ち塞がっているように見えるかもしれませんが、

稼ぐべくした稼げるようになれば、すべてお金が解決してくれます。

 

私が発信する情報の目的は、

あくまで現状を打破できるほど「お金を稼ぐこと」であり、

「知識を得ること」や「勉強すること」ではありません。

 

結果として、ネットビジネスでお金が稼げなければ、

それまでの過程も知識も勉強量も全て「意味がない」と、

極論そう思っているからです。

 

なので、私はお金を稼げる”本当に価値のある情報だけ”を、

誠意を持って発信したいと思います。

 

私を信用、信頼してくれている人が困っているのであれば、

どうやったら「お金を稼げるようになるのか」、

その悩みを解決する為に全力でアドバイスをします。

 

それは私が実際に”メンターにしてもらってきた事”でもあり、

次は”私の番だ”というと、少しおこがましいかもしれませんが、

これまで学んで得てきた知識や情報を自分なりに伝えていきます。

 

そして、このブログや、メールマガジンでは、

私が得てきた知識、情報、スキル、感動を、

そのまま共有していきたいと考えています。

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

一緒に頑張っていきましょう。

 

それではこれからもどうぞ、よろしくお願い致します。

 

無料メルマガ講座はこちら

トップメニューへ戻る

 

ネットビジネス基礎講座一覧

ネットビジネスで成功するために必要な準備

ネットビジネスで成功するために必要なスキル

ネットビジネスで成功するための最短最速のビジネスモデル

アフィリエイトとは。

ツイッターアフィリエイト講座

ツイッターの完全自動化

動画で稼ぐという選択肢

WordPressの基礎全般講座