甲斐です。

今回は前回に引き続き、SEOの「3つの対策」から、
「外的SEO対策」について取り上げていきます。

外的SEO対策「外部サイトから良質な被リンクを受け取るには」

「外的SEO対策」とは、
外部サイトや第三者からリンクを張ってもらうことで、
検索エンジンに「有益なコンテンツ」だと判断してもらう方法です。

早い話、個人が自画自賛しているだけのウェブサイトと、
外部のサイトが評価しているウェブサイトでは、
コンテンツに対する信憑性が大きく違いますよね。

それと同じで「役に立たないコンテンツ」は、
外部から自然な被リンクが集まることはないので、
有用性があるかどうかがの判断要素には最適なんです。

被リンクには3種類あり、

  • 自然と集まる被リンク
  • 自作自演で集める被リンク
  • 業者から購入する被リンク

ナチュラルな外的SEO対策は「ホワイトハットSEO」、
それ以外は「ブラックハットSEO」と呼ばれています。

原則、外的SEOの偽装行為や不正行為は禁止されているので、
意図的にサイトの掲載位置を上げるような行為をすれば、
ほとんどの場合はGoogleのペナルティ対象となります。

一応、自作自演で集める被リンクは、
今のところ過剰にやり過ぎなければセーフのようで、
僅かに効果があるようですが、境界線は若干曖昧です。

当然、業者から購入する有料の被リンクは
完全にGoogleのガイドラインに違反する行為なのでOUTです。

普通にバレちゃいますからね。苦笑

無論、自然に集める被リンクが最も効果的です。

以下のガイドラインも参考にしてみて下さい。

Googleガイドライン

手軽に第三者を呼び込める人気ブログランキングや、日本ブログ村のような、
「ランキングサイト」も過度にやりすぎなければ効果がある、と言えますね。

自サイトと関連性の高いサイト運営者が訪問するので、
うまくいけば絶対リンク(一方的なリンク)を張ってもらえますし、
他のコンテンツにも被リンクが集まる可能性が高くなりますので。

ただし、Googleはリンクプログラムに関して、

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。

を禁止しているので、その一点は要注意です。

それさえ守ることができれば、
外的SEOは無料ブログ、WordPress、HTMLサイト、
NAVERまとめのようなキュレーションサイトの他にも、
ツイッターやフェイスブックなど「SNS」からのリンクも有効です。

そして、検索エンジンは被リンク元のウェブサイトの質や関連性をもとに、
どのように評価するかを判断します。

良質な被リンクが多く集まっているサイトほど、
信頼性が高く、役に立っている、とみなされるわけです。

特にドメインパワーが強い信頼できる有用サイト、
大手サイトからの被リンクは効果絶大です。

なので、「外部から引用”する”サイト」ではなく、
「外部から引用”される”サイト」を目指してみてください。

それでは。

無料メルマガ講座はこちらから