甲斐です。

今回はGoogle検索エンジンの評価基準と、
本質的なSEO対策について解説します。

SEOを成功させるために非常に重要なことなので、
是非とも参考にしていただければと思います。

それでは早速参りましょう。

Google検索エンジンの評価基準と本質的なSEO対策について

ご存知の通り、Google検索エンジンは独自の評価基準を持っています。

情報業界では「SEOを制するものはネットビジネスを制す」と言われますが、
その具体的な「SEO(検索エンジン)の制し方」については諸説あります。

そして、今でも実際にその「正解」が何なのかを知っている人は、
Googleの社員を除くと「誰もいない」というのが実情です。

Googleから「正解」が明示されていない以上、
あくまでどの情報も推測の域を出ないわけですね。

ただ、Googleから「ヒント」はいくつも提示されています。

そのヒントを基にあなたが手がけるコンテンツを、
正解に近づけることができれば、掲載順位が上がる可能性があります。

一体何が正解で、何が不正解なのか。

単刀直入に、今最も”「正解」に近い”とされているのは、
「検索ユーザーの為になる有益な情報(役立つコンテンツ)」こそが、
高い評価を受けて、検索結果の掲載上位に表示されるというものです。

これについては個人の捉え方で解釈が若干異なるものの、
Googleのウェブマスター向けガイドラインでも
はっきりと言及されています。

なので、”自分なり”の検索ユーザーの為になる情報発信であっても、
まず「間違い」ではありません。

その「検索ユーザーの為になる情報(コンテンツ)」を、
更に大きく二つに分けると、評価の対象になるのは、
「コンテンツの質」と、「ユーザーの滞在時間」です。

一見、この二つの評価基準は全く違うもののようですが、
実際は表裏一体で切り離せない関係にあります。

何故なら、コンテンツの質が高ければ、
ユーザーの滞在時間は必然的に長くなるものであり、
反対に、コンテンツの質が低ければ、
ユーザーの滞在時間は短くなるからです。

よって、検索エンジンはそれらを総合的に判断することで、
「検索ユーザーの為になる情報(コンテンツ)」と、
独自のアルゴリズムで認識していると考えられます。

勘のいい方はお気づきになられていると思いますが、
実は、SEO(検索エンジン最適化)とは対策と講じなくても、
”ユーザビリティの向上に努めることで自然と行われる”のです。

これには極めて「合理的な理由」が裏付けてあり、
根本として、検索エンジンは調べ物があるときに利用するものですが、
もしもそこで検索ユーザーの求めていないコンテンツを表示してしまうと、
その検索ユーザーはGoogle検索エンジンを利用しなくなる恐れがあります。

それはGoogle側にとって「最も避けるべき事態」と言えます。

何故なら、少々極端な話ですが、
人々がGoogle検索エンジンを利用しなくなれば、
広告を掲載しているスポンサー離れが起きるからです。

Googleにとって資金提供してくれている広告主が減ってしまうということは、
デメリットこそあっても、メリットは一切ありません。

検索上位ページに相応しくない低品質なコンテンツを表示しても、
Google、広告主、検索ユーザー、”誰も得しない”わけです。

反対に、検索ユーザーにとって価値を感じるコンテンツを表示すれば、
今後もGoogle検索エンジンを信用して利用してもらうことができます。

Googleはスポンサーと契約できる、
広告主は広告を見てもらえる機会が増える、
検索ユーザーは悩みを解決できる、
誰と言わず”有益なことばかり”です。

ですので、検索上位ページには、
検索ユーザー、Google、広告主、にとって有益な、
「表示する価値があるコンテンツ」が選ばれるわけです。

そして、その判断要素としてGoogleが掲げているのが、
「コンテンツの質」と「ユーザーの滞在時間」なんですね。

「コンテンツの質」は「検索ユーザーの満足度」を表し、
「ユーザーの滞在時間」は「ウェブサイトの利便性」を表します。

ですので、Google検索エンジンに、

「質が低いコンテンツ(上位表示する価値がないコンテンツ)」

「ユーザーの滞在時間が短い(ユーザーを満足させられていない)

と判断されないように意識しながら、
日々の作業に取り組んでいかなければ、
いつまで経ってもSEOは上手くいきません。

本当に検索ユーザーのためになると思えるような、
有益で価値のあるコンテンツを作ってください。

そうしてユーザビリティの向上に努めることが、
何より本質的なSEO対策になるということです。

次回はGooglebotのクローラビリティ(巡回率)について、
少し解説していきます。

他のブログコンテンンツや、無料メールマガジンでは、
具体的に収益化する方法に焦点を当てて解説していますので、
そちらも興味があれば、参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから