甲斐です。

今回はSEO対策におけるGooglebotのクローラビリティと、
ウェブサイトのユーザビリティの関係について取り上げていきます。

それでは早速参りましょう。

SEO対策におけるGooglebotのクローラビリティとユーザビリティについて

まず、SEOでアクセスを集めるためには、
Google検索エンジンにコンテンツをインデックスしてもらい、
検索結果に露出しなければいけません。

その具体的な方法については、
過去の記事で解説しているのでそちらを参考にしてみて下さい。

SEO攻略講座はこちらから

通常、ウェブサイトで新規のコンテンツを公開すると、
Googlebotが更新情報をクロールして、
そこから検索エンジンにインデックスされます。

その過程で検索結果に更新情報が反映されるまでには、
若干のタイムラグが生じてしまいます。

つまり、こちらがコンテンツを公開したからといって、
すぐにそれが検索結果に表示されるわけではないので、
想定しているような集客効果を得られない場合もあるわけです。

なので、できる限り集客に影響が出ないように、
スムーズにコンテンツをインデックスしてもらえる対策を施して、
検索ユーザーに鮮度の高い情報を提供することが重要になります。

そんなインデックスされるまでの時間を高速化して、
いつでもウェブサイトを最新の状態に保てる環境を構築することで、
コンテンツの公開直後から迅速な集客効果を得ることができます。

その一つの対策がGooglebotのクローラビリティの向上です。

まぁそれで、一体どうすればいいのかという話なんですが、
Googlebotが新規コンテンツの更新情報をクロールする際に、
関連する他のコンテンツも巡回してくれます。

そこでウェブサイトの内部環境(HTMLソース)が、
Googlebotにとって”巡回しやすいかどうか”によって、
一度にクロールしてもらえるページ数は変動していきます。

よって、Googlebotのクロール回数を増やしながら、
Googlebotの巡回率を高められるように、
ウェブサイトの内部環境を整えていかなければいけません。

具体的にクローラビリティを向上するための対策としては、

  • 定期的に新規コンテンツを作り更新頻度を高めて、クロール回数を増やす
  • ウェブサイトに内部リンクを張り巡らせて、満遍なく巡回させる

という方法があります。

そして、上記のように一つのウェブサイトの中に、
幾つも関連するコンテンツを作っていくことで専門性が高まり、
検索ユーザーにとっても情報収集に利用しやすくなります。

「役に立つコンテンツ」が豊富に揃えてあることで、
「役に立つウェブサイト」だと思ってもらえるのです。

つまり、Googlebotのクローラビリティを向上すると、
間接的にユーザビリティも向上することになるわけです。

そうすることで、結果的に検索ユーザーの直帰率が下がり、
PV数が増加、滞在時間も長くなり、リピーターの獲得に繋がります。

クローラビリティを向上するために
内部環境を整える対策は”まさに良いことづくめ”で、
当然、SEOにもプラスな影響を与えることができます。

しかも、そんなに難しいことをやるわけでもありません。

要は”計画的にコンテンツを作って配置していく”というだけです。

誰でも継続してコンテンツを増やしていけば、
Googlebotにクロールしてもらえる回数は増えていきますので、
そこからウェブサイト全体に巡回しやすいように構成してください。

ただ、ろくに価値のない低品質なコンテンツを量産しただけでは
そこから集客効果は期待できませんし、収益も増えないと思います。

”検索上位ページへ表示するに相応しいコンテンツ”だと、
検索エンジンから評価を得られるよう質の高いコンテンツを作りましょう。

やはり、ユーザーからの評価と、検索エンジンからの評価を、
どちらか一方だけではなく両方から得られるような、
有益なコンテンツを作ること以上のSEO対策はありませんので。

あとは「サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)の
「クロールの統計情報」という項目からGooglebotの活動を確認できますので、
そのデータを基にクローラビリティを向上してみて下さい。

次回はSEOに効果を発揮する「3つの対策」を解説していきます。

他のブログコンテンンツや、無料メールマガジンでは、
集客を収益化するための具体的な方法を公開していますので、
興味があればそちらも併せて参考にしてみていただければと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから